大きさが全てではない

最終更新日

Comments: 0

すめらぎいやさか!工場長っす。
超大型台風来てますね!関東では満潮の時間と重なるようで高潮注意!
東京は埋め立て地が多いので、更に注意が必要ですね。

今回は四国大丈夫な感じですので、せっせとルアー作り。
あ~、ご注文の商品があったのでそれの荷造りもしなくては・・。

EL Drado95g、Daniel 110g 不朽の名作ジグ。
これらの注文ですね~。有難うございます!
出荷のご用意をしつつ・・・小さいジグをと比較すると・・・やたらとデカく感じます。
写真真ん中が42gの製作中の大門Evo3。
用途が違いますが、比べると一目瞭然っすね。

共通点は・・・どれを使っても「楽」。そしてえらい綺麗。そしてえらい釣れる。って感じでしょうか。
小さくても大きくても・・・実は手間も材料代もあんまり変わらないw
小さいジグは作りて泣かせです。特に本気で作っている人々は。

外注しといて、これはハンドメイドのうちオリジナル!なんてメーカーもありますが・・・なんじゃそのハンドメイドの基準って思ってしまいます。

アジトは、私による私プロデュースの、私が作り、私が梱包してお届けするスタイルでやらせて頂いておりますので、文句は全部私に言って下さい。
「自分が責任取ります!」の西部警察・大門刑事スタイルです。
だから、daimonと名付けております。w(命名秘話)

10数年作り続ける「大門」。2.0位あった目力・・今では老眼鏡+1.0必須ですww
目は衰えども、テクニックは向上中。

ブログ毎日更新中!

azt-df

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)