浸食された川

最終更新日

Comments: 0

どうも!工場長です。
本日は、材料の到着の都合により半日何もできない。
という事で、源流調査。

今年作ったマブナ用竹竿改渓流ロッドの初振りも兼ねて・・。

いや~~~ええわ~この竿。ぶっちゃけかつてのUFMのスーパースティンガーみたい。なんの遜色も無い。
最近有りがちな只の棒の短い奴で、重いミノー専用みないな残念感ゼロ。
しなやかで味が有り、そして弾かない。感度も最高。
古の竹、恐るべし。
一生この竿だけでも良いと思えるレベル。
バランスに拘ってバランサー入れましたので、持ち重り感ゼロ。
まさに玄人好み。
そしてお値段はプライスレス。

で、10年ぶり位に来る某源流部。
当時からイワナ(四国では外来クソ野郎と位置づけされています)の猛威が凄かった所なのですが、前は30%アマゴ(在来)みたいな感じでした。
かなり上まで攻めに攻めた所・・

捕食が下手なヌルヌル野郎しか居ません(*´Д`)
最初の一匹を除いてデカめのイワナオンリー。35匹は釣ったと思います。

釣る楽しみで言えば同じなのですが、在来が1。35が外来。
アカーン。
アマゴはイワナの餌でしかない。
誰がこんなにした。

オッサンはプンプンです。

釣り後の冷えた体をカップラーメンで暖める。
ただ、イワナのガッカリ感は拭えない。
魚に罪は無いが、居るべき場所が違う。

かなしいねえ~。
また来るかと言えば・・微妙。

ブログ毎日更新中!

azt-df

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP