無音コンプレッサー(ジャンク)

最終更新日

Comments: 0

どうも!工場長です。
え~っと本日は道具ネタ。
当工房には3台コンプレッサーがあるのですが、ついついもう一台追加してしまいました。ナンボ程エア使うんじゃ・・という事ではありますが、ワーサーのコンプレッサー(無音・動いてる事もわからない)の親玉?みたいなジャンク品が某オクに出ていたのでついついポチっとやってみました。

200V仕様でしかもジャンク品(動作は未確認)という高級コンプレッサー。
ドイツのメーカーで、作りはイタリア。
電源ON!で何も動かん・・・ん?オイルが入ってない。
この手の無音コンプレッサーは圧縮機本体が、オイルの入ったタンク内浸かって密閉、潤滑されている。そこの振動が出ないようにバネでフローティングマウントされています。
オイル無しは流石にアカン。
専用オイルはめっちゃ高いので、ホムセンでタービンオイルを買ってきて適量注入。指定オイルより少し硬いけどまあ・・・ジャンクだしエエやん。

で、200v仕様なのでアップトランスを繋いで始動!
トランスのパワー不足で始動時にトランスが落ちる事もあるけど、普通に動き始めた~~~♥。
圧力計は全部死亡してるので、後々交換したらGOOD。

UPトランスも頼りないので、200V のコンセントを延長しよう。そもそも工房には200Vあるし。

ええな~。
これで無音コンプレッサー2機掛けになる予定。
静音コンプレッサーとは言え、振動とか考えるとウルサイのでストレスがたまる。

ブラシのシュ~って音と、カップガンのブシュ~って音のみなると思うと興奮しますw

もともとはジャンク品ですが、アナログな機械はなんとでも修理できる気がしますね。ノートPCとかスマホみたいに使い捨てな機械とは違いますから。

クリーンな環境がプロには必要なのであります。

ブログ毎日更新中!


azt-df

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP