最終更新日

Comments: 0

どうも!工場長です。
連休前で・・全部売れてるし・・ヤル気なしやろ・・と思いきやプロトの設計やら、切れた材料の手配とかで忙しいっす。

前回プロトで作った240mm・Dragonは太くせず200mmと同等で240mmというコンセプトで自重140g。
24㎝ともなると重さも自ずと重くなる。フック付けると160g。
選ばれし者と相応のタックルが必要となるし、パワーも要求される。

それはそれ。
デカ政をガチで獲る覚悟ならそれもソレ。

でも楽でもっと長時間使い続けられたら最高ではないか・・。
というテスト。
作ったら「やっぱ太くて重いのが良い」という結論に至るかもしれませんけど。

緻密な設計からの、スイムテスト用に荒く3Dプリント。
こいつを強化して、更に浮力を入れてテストモデルとします。

右が200。
細いでしょ。180mmと同等の細さで240mmとしてみました。
左右への動きは弱くなると思いますが、抵抗が減るぶん人間が与えられるアクションはかなりデカくなりますので・・・そこで「俺すげえ!」となる予定なのですww
ウッドと違って細くなっても強度は落ちません。
強くなるように細工が出来ますから。

アジト研究所、感や経験だけで設計してません。
体積の計算、バランス等を考慮して作っております。

でも100%成功する訳ではないのが辛い所ですけどねw

ブログ毎日更新中!

azt-df

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP